前へ
次へ

賃貸の不動産物件の礼金を交渉してみる

賃貸の不動産物件を探すなら、賃料は軽視できません。
賃料が格安であるかどうかを基準に、物件を探している方も多いです。
ちなみに賃料を格安にしたいなら、仲介会社の担当者と交渉してみる方法もあります。
いわゆる値引きを試みてみる訳です。
仲介会社は、値引き交渉に応じてくれるケースも実際あります。
その主な理由は利益です。
そもそも会社側としても、できるだけ早めに入居者を確保したいと思っている事があります。
入居者を確保できなければ、肝心の利益も伸びないからです。
どうしても入居者を確保したい会社としては、多少は賃料が低めでも問題ないので、交渉に応じてくれる場合があります。
ですから交渉を試みてみる価値はありますが、成功率は100%ではありません。
交渉を試みても、失敗してしまう可能性はあります。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ところで賃貸の不動産物件に入居する時には、初期費用がかかります。
ほとんど全ての物件には敷金がありますし、礼金もあります。
礼金と敷金は、たいてい家賃数ヶ月分になります。
礼金1ヶ月分と敷金2ヶ月分が必要な物件なら、初期費用は合計3ヶ月分になる訳です。
その礼金を交渉してみる方法もあります。
敷金は、多くの不動産会社にとっては必要なお金です。
物件に万が一の事態が生じる可能性もあるので、費用を確保しておく訳です。
いわゆる保険のような意味合いもあり、敷金の交渉にはなかなか応じてくれないケースも多いです。
ですが礼金の場合は、比較的スムーズに交渉に応じてくれる傾向があります。
そもそも最近では、礼金が無い物件も増えてきています。
必ずしも必要なお金であるとは言えないので、敷金だけが必要な物件も多いです。
それだけに礼金の交渉は、比較的成功しやすいです。
礼金がゼロ円になるだけでも、かなり賃料を節約する事はできます。
賃料が6万円の物件で、礼金が2ヶ月分であれば実に12万円も節約できます。
交渉に応じてくれるケースも比較的多いですし、試してみると良いでしょう。

Page Top